So-net無料ブログ作成
検索選択

05/12/13 千の風になって

 学校へ。

 授業。

 3限後、帰宅。

 今日は手話サークルクリスマスパーティー。いわゆる、「ちょっとしたパーティー」というやつである。が、一つ問題がある。
 それは。
 このパーティーが「一品ずつ持ち寄り形式」ということである。
 まぁ、買ったものでもいいということなので、買っちゃってもいいのだが。。。
 ここはやっぱり一発、手作りの何かを持って行きたい気もする。
 けど、もうすでに16:00少し前だし・・・18:30には家を出るし。バイクで行くから、汁気の多いものは持っていけないし・・・。他の人とカブるとなんだし・・・。何がいいかなぁ・・・。ん~・・・。何がいいだろう・・・ん~・・・クリスマスだし・・・チキンはどうだろう?七面鳥とまではいかないが、簡単な一口サイズの手羽先のフライとかなら、食べやすいし、いいんじゃないだろうか?
 よし、決定。チキンにすべし。

 お母さぁん・・・(他力本願)

 というわけで、自家製手羽先のフライを持って行きました。母に感謝。ちなみに↑は若干フィクションでして、何も今日頼んだわけではなく、何日か前にちゃんと依頼しておきました(結局他力本願なことにかわりはない)。

 パーティー、楽しかったです。

 さて、学校の授業でとてもいい詩に出会いました。

 これを読んでくださっている方で、誰か大切な人を亡くしたご経験がある方はいるだろうか。
 幸い、私の両親は健在である。
 けれど、もし・・・
 もしものことがあったら、日々を悲しみに暮れて過ごすことだろうと思う。もう親がいない。そんな生活は想像できない。生まれてからずっと、周りにいてくれることが当たり前であった両親である。
 だが、もしそんな当たり前のことが当たり前でなくなる日がくることがあったとしたら、この詩を思い出したいと思う。
 とそんなことを打っている今も、授業の後、先生に即お借りしたCD秋川雅史さん(テノール歌手)が歌っているこの歌に聴き入っている。メロディが非常にきれいです。

 

A Thousand Winds(詠み人知らず 作曲/日本語詞:新井満)

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

秋には光になって 畑にふりそそぐ
冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる
夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください
そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に
千の風になって
あの大きな空を
吹きわたっています

千の風に
千の風になって
あの 大きな空を
吹きわたっています

あの 大きな空を
吹きわたっています


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 1

ラパン

お母様の手作りチキンとっても美味しかったです。
副会長と競って、沢山食べてしまいました。v(^-^)。
お母様への感謝のnice!です。

今年も残りわずかになってきました。
お体には充分お気をつけくださり、良いお年をお迎えください。
by ラパン (2005-12-16 09:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。